⑬⑭ advance organierとは 

2016/02/10 23:55
今回、ご紹介する論文はこちら。台湾の方です。 読解の前に、静止画または動画のVisualでスキーマを刺激した上に、advance organizer(単にDescription、またはQA)でも入れると、どのような効果があるかを4つの分散分析でデータ化したものでした。 論文に本当にありがたいのは、実際の質問用紙も実物そのもので掲載されているもの。この実験は、screen上のcomputer-based textなのですが、実際のキャプチャー画面が掲載されているので、と..

続きを読む

【拡散させていただきます】リサーチ協力

2016/01/31 14:29
以下のブログで研究協力学級を探されていますので、拡散させていただきます。うちの子たちが、対象学年に当てはまるのでぜひとも、と思ったのですが指定の研究を抱えているので、こちらで拡散させていただきます。 タカのカナダP.h.D留学日記 プロポーザル完成&リサーチのお願い 抜粋「現在、リサーチを引き受けてくださる日本の中学(3年)か高校(1~2年)を探しています。来年度の5月か6月くらい (変更可)に4~5週間くらいの期間で4クラスを使わせていただいてクラスルームリサ..

続きを読む

【Book Review】 リスニングのお医者さん

2016/01/29 21:00
英語リスニングのお医者さん [改訂新版] - 子供たちには、毎時間Dictationをさせていますが、教科書本文のどこをclosedにするのか悩むこともあります。 Japan Times出版のこの本では、短縮、連結、脱落、同化、弱系、変形、数字、カタカナの8種類の日本人が苦手とする聞き取り部分を、レベル1からレベル3まで少しずつ取り組めるようになっています。 1~3行程度の英文なので、音読練習にも良いです。 語彙がまだ中学生には難しいですが、一冊持っておくと、聞き取..

続きを読む

論文⑪ GOは生徒に作らせるべきか

2016/01/23 21:00
本日、ご紹介するレポートはこちら。 本当に筑波の学生さんって優秀だなぁ・・・と思うし、筑波教育学部卒の英語の先生から習える中学生は幸せ者だと思います。 この方の結論としては転移テストでGOは、author-providedのほうがlearner-generatedより時間も短くてすむし、スコアが高かったとのこと。 これ読んだ時に、結局ワークシート全部私でつくって提示しようかと思ったんだけど、結局、なんのためにこの手法を学ばせているかというと、この子らが大人になってもっと..

続きを読む

論文⑫ ワーキングメモリと読解

2016/01/22 21:00
本日、ご紹介するのは新潟大学の先生のこちらの論文です。 談話構造に関する明示的な指導としてGOを使われています。 Discourse-Structure Graphic Organizers=DSGO 回が進むにつれ、生徒が記入する部分を増やし、最終的には生徒自身に適切なDSGOを選択、それを参考にしながら自分で要約、という練習の流れは、うちの子たちにも十分活用できると思う。論文では、日本語で要約とあるが、私は英語でさせたい。 この論文にも、学生の率直な感想がそのまま..

続きを読む

論文⑩ 言語に基づく思考傾向

2016/01/19 21:00
数年前に教育界に可視化ブームが起こった時にGOがもっと取沙汰されるかな・・・と思ったら、意外とスルーされました。その中でGOに言及されていたのが、こちらの論文。 この中でとっても面白いな~と思ったがNibett(2003)の実験で、「牛からイメージするものとして、草とニワトリどちらを選びますか?」という質問。 皆さんは、いががですか? この調査では西洋人は同じ家畜というカテゴリーでとらえるので、ニワトリを選び、逆に中国人は関係性を重視するため、牧草を選ぶそうです。 ち..

続きを読む

歌で覚えるストラテジー

2016/01/18 23:43
Sing Those Strategies!: Engaging Students in Reading Comprehension Strategies 最初、このビデオ見た時、かなり衝撃でしたね。「先生、歌いだしちゃったよ!!子供たちもノリノリだよ!!」って(笑) でも、こんなふうに楽しく READING STRATEGYを、こんなに小さい頃から刷り込まれていくって大切だなぁ・・・。うちの子たちも相当、歌好きだからやってくれそう(笑)あ、でも、私が音痴だった・・・or..

続きを読む

Making Inferences

2016/01/16 22:00
Making Inferences to Read Between the Lines Visualizing: Making mental images InferenceとVisualizationは、表裏一体だと思うのです。

続きを読む

論文⑧➈ 特支にもスポットを当てた論文

2016/01/13 00:42
今日、読んだ論文はこちら~。著者がstructure指導で浮かんだ4つの疑問を実験していく形式。 疑問① non-strategistsがstrategicになるように指導できるか。 これは、できな、あかんやろ。ということで読み進めていくと、やっぱり9歳の子たちがしっかりstrategicになっていき、特にmain ideaのreconstruct率が高くなったとのこと。 しっかり使いこなせる人をapparent users。ふーん。 疑問② strategyを使って..

続きを読む

④➄ structureを絞り込む

2016/01/07 21:00
今日読んだ論文はこちら。 【印象に残った言葉】 ・主要なstructureを使った長文のほうがrecall率、retaintion率が高い・detail部分のstructureを分析するのはtime consuming taskと心得よ・ほとんどの生徒は、長文読んでどのstructureが使われているのかを言い当てられるskillを調査されていない・structureを捉えるということは、author's purpose, author's messageを読み解くことで..

続きを読む

論文③ 聞くときの不安材料

2016/01/06 22:00
今日読んだのはこちら。 【印象に残ったこと】・リスニングの不安要因の一つは「分節を認識できない」処理能力・神経学的処理・・・ヒアリングからリスニング・言語〃   ・・・音声の分節化、単語認識 分節化を困難にする要因→同化・脱落・弱化ミニマルペアは効果低い ・意味〃   ・・・スキーマ使って推測・語用論〃  ・・・聞き手の役割を意識して相手の意図を組む ・音素の識別、音変化の認知、音声による単語認知、文法能力、ワーキングメモリ、背景知識、推測、予測が特に日本人の習熟度に..

続きを読む

論文①② Discourse Structureを意識して長文問題つくらなきゃ。

2016/01/05 22:25
年間、約90の論文を読み漁ることをちょっと試みたいと思う。明後日からは、また時間が取れなくなるので読めるうちに、どんどん色々なデータに目を通しておこう。 個人的にアジアの方が書かれたものが好み。Nativeがやった実験のコントロールグループは、やっぱりL1がほとんどだから、更にEFLを意識してデータ取っているのはアジアの研究者だと思うから。 今日読んだのはDiscourse stuructureのこれ。(タイトルを入れてしまうと、真剣に検索されている方の邪魔をしてしまうた..

続きを読む