ネット再開!!

インターネット工事の関係でしばらくネットにつなけず、本日やっと開通です。
今回、ネット関係の問題があったのでC2プロジェクトの英検コンペも見合わせたのですが、やはり時期が重なったので正解でした。ご迷惑をおかけするところでした。
次回の受験は第3回です。(第二回の日曜は学校行事と重なったため、残念です!!)
CSE3000突破を目指します。

ひとまず、仕事が落ち着いて第一回分は自宅で解こうと思います。

金曜日の三時からは、ネット上で英検合否が確認できるとあって、子供たちがやたらとそわそわしていました。
学校で確認させてあげることもできるのですが、やはり自分の家で、自分で個人番号入力して合否を確認する、あの緊張感を中学生の頃から体験してほしいと思っています。

今回、準二級受験者が10名ほどいます。三年生に交じっての受験、緊張したと思います。
大学進学を目指す子たちは、中学卒業までに最低ラインで準二級、そして可能ならば二級取得を目指すよう伝えています。
ここからは単語力の問題。

【拡散させていただきます】リサーチ協力

以下のブログで研究協力学級を探されていますので、拡散させていただきます。
うちの子たちが、対象学年に当てはまるのでぜひとも、と思ったのですが
指定の研究を抱えているので、こちらで拡散させていただきます。





抜粋
「現在、リサーチを引き受けてくださる日本の中学(3年)か高校(1~2年)を探しています。来年度の5月か6月くらい (変更可)に4~5週間くらいの期間で4クラスを使わせていただいてクラスルームリサーチを行う予定です。1週あたり、例えば「英語表現」の授業の中の30分いただいたりして、週に2~3回程度指導を普通の授業に組み込みます(時間数は相談させてください)。

 リサーチの主眼は文法項目をcommunicative taskに統合させて練習させることと間違った発話への教師からの2種類のフィードバックの効果を検証することです。タスクはawarness-raising task (dictoglossなど)をしたあと、practiceとしてロールプレイを主体とした即興的なタスク (e.g., 有名人インタビュー)をたくさんして、生徒の発話中の誤りを訂正するfeedbackの効果を検証します。文法を言語活動に取りいれて、いろいろなcontextで発話する練習を授業にたくさん取り入れ、比較的大きい(25-35くらい?)クラスサイズで教師の様々なフィードバックの効果を検証するのが目的です。生徒の個人差要因の影響も検討します。」

本当に興味深い検証ですね!


【Book Review】 リスニングのお医者さん


子供たちには、毎時間Dictationをさせていますが、教科書本文のどこをclosedにするのか悩むこともあります。

Japan Times出版のこの本では、短縮、連結、脱落、同化、弱系、変形、数字、カタカナの8種類の日本人が苦手とする聞き取り部分を、レベル1からレベル3まで少しずつ取り組めるようになっています。

1~3行程度の英文なので、音読練習にも良いです。

語彙がまだ中学生には難しいですが、一冊持っておくと、聞き取りテストの幅が広がりました。

道徳の授業

私にとって英語の授業の数倍、準備時間と根気が必要なものが「道徳」の授業です。
例えば、先週は「成人式」のキーワードでプランを組みました。

いつもブレインストーミングで始めます。
今回は、グループで式のつく語をいくつ出せるか勝負。

たった90秒のこの活動。
実際に〇〇式を30個挙げるのに、30分ぐらいかかって調べました。

そして、次に成人式の起源を調べ、当時の写真や証言をあつめます。
場合によっては、写真利用の交渉もメールや電話で行います。

そして現在の成人式のニュースソースを目を通していきます。

毎日、ニュースは全て録画しているので、成人式関連の映像をPCで編集していきます。

今回は、孫の成人式を見にきていた老夫婦を改造車に乗った成人式参加者がひいて重症を負わせたニュースと組み合わせました。

成人式が始まった1946年と現在を比べさせます。
敗戦後の人々がどうして成人式を始めたのか。


「式」の本当の主役は誰なのか。

最初にゲーム感覚で挙げた全ての〇〇式の映像スライドを見せます。
この時、できるだけ当事者の瞳が映った写真を選びます。


ここで1946年の成人式の写真が活きてきます。
お祝いとは思えないほどの、緊張感ある、何かを強く決意したような瞳。

必要だと思う資料は、できる限り頑張って探し出します。
 昔と今で変わってしまったものの中に、決して変わらない大切なこと・・・
子供たちは納得いくまで語り合います。

この答えをそれぞれが見つけた上で、来週の「卒業式」をテーマにした道徳に臨んでもらいます。

道徳も英語の授業同様、50分の授業プランをPPTとして作っていきます。
写真、映像、BGM、発問、映像に対して、文字の入れ方、アニメーション効果

いつも、一本の映画を作るような気持ちでつくっています。

 英語の授業は、1時間~3時間の準備ですみますが、「教科書」が存在しない道徳は場合によっては一週間かかります。
 自分の中ではっきりとした答えが出ないまま、水中を手探りで掴んでいく・・・
それが道徳の授業準備かな・・・と思っています。
真夜中から明け方にかけて、自分自身と会話をするように、シーンとした部屋の中で黙々と道徳教材をつくっていく・・・・。


「自分が心を揺さぶられないものを、平気で子供たちに道徳の授業で示すな」先輩からいつも言われている言葉です。

毎週月曜日一時間目の道徳は、大体、こんな感じで徹夜明けで逆にハイテンションだったりします 笑

TOEFL Writing 公式本 Test 2 part2

添削の続きです。

I disagree with the idea statement that young people enjoy life more than old people. In fact, I believe even the aged can appreciate their lives as much as the young. Here are several reasons why I think so.
First, thanks to the development of aging society While societies in many countries are aging,, we have many comfortable communities for the old even in a big city. For example, some news reported that old people gather together at the game arcade during the daytime and they enjoy playing state-of-the-art arcade games just like a café for adolescents. Although some insist that old people tend to stay at home all day, statistics might surprise you for the fact TOEFL でこんなyouの使い方をしちゃだめ!

there are some statistics showing the fact that
the young have much stronger tendencies of social withdrawal lately in Japan. In contrast, more and more old people become active nowadays and they can find their own cozy places easily for chatting etc.

全体的に以下に訂正
old people in the past ( about 30 years ago ) tended to stay at home, but with all the entertainment available for them today,elderly people today are more likely to enjoy outside activities.On the other hand, an increasing number of young people these days choose to stay home compared with those in the past.


Second, we have good public welfare services and municipal support for the old financially to go to day care facilities. Today professional nurses are good at projecting recreations for the elderly with less physical burden but really fun!

can provide the elderly with entertainments that require little physical strength.

Actually my mother can't wait for visiting to visit day care for the reason many friends at her age help her enjoy many activities. Do you know lately care centers give them opportunities to learn social dances, calligraphy, English with professional teachers at low rates? My mother learns how to use computers there. Care services have roles as culture centers for the old.
Third, societies have a movement to make use of the experiences and knowledges of the elderly. For instance, schools in my town invite the elderly every year and children can learn Japanese folks folklores, how to make traditional toys like Kendama and so on. I always notice the elderly are much more active and relish these lessons because they might feel self-efficiency and realize they’re dedicatinged  to the society.
The Media sometimes focuses too much on dark sides of the aging society too much. However we shouldn't forget that we have a lot of active old people and they can be our great  models for our future .

今日もお疲れ様でございました!

TOEFL Writng 公式本 Practce Test 2 part1

今日は、日本人先生のレッスンの日でした。
公式本を使って、Writingの授業です。

The author of the passage states that professors can make much benefit (benefitをVとして使う)from appearing on televisions (televisionはsつけない) because they can acquire reputation and their university also can get more attention from the public. Viewers also can deepen their academic knowledge and insight. Additionally public people (people in public) would feel much closer to universities.
 However the speaker of the lecture took issue (take isse) with these benefits in the passage.

To begin with, the lecturer claims that professors on TV have a tendency not to be seen as professional in their field. They would be regarded as more entertainers. Therefore their fellows proffessors might not welcome them in a serious conference. As a result, the professors might have difficulties y to gather gethering (have difficulty ~ing) research expenditure.
  Second, the lecturer asserts that professors on TV don't make use of time because they spend much time for their rehearsal, travel, their appearance.
spend too much time doing rehearsals, traveling, and   having a make-up for TV appearance.

The speaker insists that they should use more time for with their students and researches.
Lastly the lecturer points out that TV programs with professors don't deal with professional topics at all. Most topics professors talk about can be done by just regular TV reporters. Although the passage states that professors explanations help views deepen the insight, in fact, the talk is very light. TV producers' real intention is just to use their names and make the program title more academic.

 In conclusion, the lecture claims that nobody gets the benefit from this tendency.

conclusion入れなくても良い