英検協会より賞状を頂きました!

英検協会より賞状!!と言っても、私にではなく、子供たちに(笑)

今回より、単に合格人数ではなく、在籍数に対しての合格パーセンテージで表彰学校が決まるようになりました。
うちはマンモス校という程ではないので、合格数のみだとどうしても大規模校には数が劣ってしまいますが
このようにパーセントで出してくれたら、子供たちもやる気になりますね。

たかだか賞状一枚ですが、私にとってはとっても意味のある一枚。
子供たちにとっても、自信になったようです。
ありがとう、英検!!

都道府県別 中3の英語力



速報出ましたね。
中3の英検三級取得率。また、同等とみなす力もっている率。

1 千 葉 52.1

2 秋 田 48.6

3 東 京 47.9


フォッ!!


これって・・中3生での三級取得率ですよね・・・。

うちの子たち、2年だけど、千葉と同等かも・・・・!!?? 準2級合格者も出てるし。


と考えると、本当にあの子たち、よく頑張っているんだなぁ・・・。多分、3年になると三級で7割~8割はいけると思う。


そういえば、以前の記事で書いて、先生たちにも個人的に心配のメールをもらった3級英検2次の件ですが、受験者全員合格していました。面接官のおじさま、反応してくれなくても、ちゃんと子供たちのこと、みてくれていたのですね!!感謝!!



で、この調査。


英検3級以上を取得、または英検3級以上相当の生徒の割合


英検3級以上相当の生徒の割合


この調査に関しての疑問点は2つ。



その1


英検はあくまで有料の業者テストであること。実際に2800円という受験料を親が出してくれず、個別に相談に来る子も多い。

出してくれても、お母さんたちが本当にお金をかき集めて封筒を持ってくられる場合もある。

文科省は、決してすべての子たちが受験可能な状態にあると思ってはいけない。

実際に私のクラスには、家の電気が止められている子もいる。有料の評価方法を基準とするなら、全国学力調査に英語も加えて無料の、全ての子供たちが平等に受験できる評価方法にすればよい。


その2

「相当の力」を判断する基準が一切示されていない。これでは、英語科担当の自己申告であって、県によってばらつきが出て当たり前ではないかと思う。自分の指導方法に厳しい先生ほど、ランクは下になるだろう。



個人的には、このようなランク付けは大歓迎です。

もっと現場の教師はスコアー向上に対してプレッシャーを受け、貪欲であって良いと思っている。

(特にAll Englishが始まり、学びのないお遊び英語の風潮が強くなっているのでは・・・という危惧もあるし。)


ただし、それはあくまで、明確化された公平な基準の元、実施された場合に限る。


家庭の経済的な状況が影響するような調査など、最初からすべきではない。


国家公務員にとっては何てことのない金額の受験料を、お母さんたちがどういう思いで準備をしているか、そこを想像できない教育現場であってはいけないと肝に銘じる。


続きを読む

いよいよ新学期ですね!

春休み中は、新幹線と飛行機乗りまくりで、色んな先生方のお話を聞くことができました。
特に灘中のキムタツ先生のお話は何度お聞きしても、勉強になります。
一年生から持ち上がることの大切さをひしひしと感じたと同時に、三年間続けて指導できる喜びを感じました。
そして、厳しさの中の優しさ・・・。
模擬授業をしていただいたのですが、緊張感の中で、何度大笑いしたか分かりません。
灘の子たちは、本当に幸せですね。

いつも、高校の先生方に交じって勉強させていただきます。大学入試問題を徹底的に分析されるだけでなく、演習のときに何故その読解問題を選ばれたのか、信念を持って指導されているのだと感じました。帰ってきてすぐに、東大と京大の今年の問題を解きました。高校入試はProblem-Solution型が多いのに対して、大学入試のtext structureは本当に豊富ですね。今年はコントラスト型が多かったように感じています。


春の勉強会を通じて、何より母国語での読書をとても大切にされているのだと感じました。数名の先生方がご紹介されたのが、学年の先生たちが団結しての、持ち回りでのおすすめ本紹介。早速、今日の学年部会で、先生たちに提案したところ、みんな「いいよ~。うちでもやってみよう。」と快く了解してくださいました。
本当にありがたいです。この先生たちと三年間やってこられて、感謝です。

お世話になった先生方、ありがとうございました。
4月は安河内先生の勉強会に参加予定です。安河内先生から、またたくさんパワーをもらいたいです!

しばし潜ります。

現在、三時間睡眠で仕事しているのですが、全く事務作業がおいつきません。
中頃まで、事務が落ち着くまで更新をお休みしますが、元気にしていますのでご心配なく!!
各研修会には変わらず参加していますので、個人的なご連絡はメールでお願いしますね☆
達セミは全て参加予定です。
お久しぶりの先生方も、お会いできるのが楽しみです。

英検試験監督こそアイコンタクトを!!

日曜日は子供たちも英検二次で、様々な感想が聞かれました。
その中で、中2と言えど、3級2次は難なくこなせそうな子供たちの報告に気になるものがありました。

「面接の先生が1回も目を合わせてくれなかった。発音が悪くて、呆れられたのだと悲しくなった。」
「話している途中で大きなため息をつかれた・・・ショック・・・」
「ずっと下を向いたまま。Helloとあいさつしても、何も返してもらえなかった。怖くて頭が真っ白になった。」
「時計みてばかりで、話を聞いてもらえなかった」
Pardon?と言ったら、にらまれた。結局、言い直しをしてくれず、その問は何も言えなかった」

確認したところ、複数いる面接官の中でも、中年のこの男性の教室のみに見られた感想でした。
別の部屋に呼ばれた生徒達は、全て「先生、合格確実やで!!」「先生、めっちゃ優しかった!」「うなずきながら聞いてくれた」と自信満々。

2級クラスならまだしも、3級の試験で、目も合わせない面接官に、子供たちがショックを受けたのも無理もないと思います。

確かに、何十人もの子供たちから同じ解答を何度も聞かされるのはきついと思います。
しかし、子供たちにとって、3級と言えば他人による初めてのspeaking test。

実際に、別の女性の試験監の子供たちは、本来の力を出し切っていました。

面接官の研修って行われているのでしょうか?
笑顔である必要はないと思います。
しかし、アイコンタクトは毎回の授業で子供たちに特に強調して言っていること。

大人が、しかも英語をたしなんでいる大人が、緊張しながらも一生懸命英語を話す中学生に一度も目を合わせない・・・
その事実がとても悲しいと感じました。