リテリング ∔ オピニオン

今週は、灘中学校のキムタツ先生とお話させていただく嬉しい機会があり、子供たちに色紙もいただきました。
「基本を大切に、夢を大切に」
とても丁寧に、思いを込めて書いてくださり、受け取った子供たちも大変喜んでいました。

 そして、キムタツ先生の模擬授業を受けて、再度、自分がやっていることの方向性が間違っていないと感じています。
それは、「日本語で語れないことを、英語で語れるはずがない」ということです。
灘の生徒たちは、尖閣諸島について英語で論議するとのこと。その土台には、英語以外の知識が必要となります。
日頃から、いかに本を読んでいるか、そこがカギだと思います。


さて、本校でも、社会問題に取り組んでいます。
今週は、GOを使ってのリテリングweekでした。
 教科書の本文暗唱は、中学生でも、サイトラでみんなできるようになります。
でも、暗唱って機械的でつまらないよなぁ・・・と思い、この子たちが二年生になってからはもっぱらリテリングです。
そして、三年生になってからは、そのretellingにmy opinionを融合させていきます。

そして、三年生になると、もう読解テーマも結構おもくなってきます。
今年の教科書にはアウンサンスーチーさんが登場しました。苦手分野です・・・。
これを機会に、勉強しなければなりません。
(さようなら、大好きなキング牧師・・・。)

今のユニットは、「児童労働」です。
教科書は、ガーナのカカオ園の子供たちを取り扱っていますが、今週は、更にその幅を広げて、現代の奴隷制度についての授業を2コマしました。その内容をうけて、今回は、教科書に書かれているガーナの現状に、いかに自分たちで奴隷について調べたことを加え、それに更に自分の意見を加えることができるか、というリテリングです。

普段のリテリングは、何てことないのに、今回はプレゼンしながら手が震える子が何人かいました。
最低限、このポイントは踏まえないといけない・・・というのと同時に、自分の思いも語らなければならない。
いくらGOがあっても、一切原稿なしで数分間しゃべり続けなければなりません。

私は勝手に、難易度は
Speech > retelling plus opinion > retelling
だと思っていたのですが、
子供たちの話では、retelling plus opinionの方が、ずっと難しいらしいです。
これは、ちょっと意外でした。

最高で9分ほど語ってくれた子もいます。
聞きながら、私が知らない情報もあり、子供たちがネット等で、自分たちの手で現在の奴隷制度について調べてくれたことが、何よりの成果でした。

もちろん、たどたどしく、途中で何度もつまる子もいました。
一人は、途中で完璧にストップしてしまいました。残りは日本語で言ってもらいました。

一番大切なことは、現実に目を向け「知ろう」とすることだと思います。

次はTOEIC!

職場で、この夏、TOEICを受験することになりました!
二年前に945で停滞したまま、TOEICからは逃げていたので新形式でover950目指して、てこ入れしようと思います。
ひとまず新形式のピンクの特急を購入。


まずは、これで感覚を取り戻したです。
特急は、音声が気軽にダウンロードできるのでありがたいです。

 英検一級も、C2プロジェクトメンバーとしては参戦義務があったのですが、今回は、ダメダメな日程だったので
次回は必ず!ランク入り目指すというより、こういう企画は積極的に参加して、自分の勉強のペースを作っていきたい。
あと、夏に久しぶりにトミプロに再度加入させてもらいたい、とも考えています。

TOEIC組の皆さん、よろしくお願いします!

あ、今月はキムタツ先生のセミナーにも参加予定です。
 お久しぶりの先生方にお会いできるのが、今から楽しみです!

やること、たくさん。
体力勝負ですね。

京都大学 2016 読解やってみました。

結局、このG.W.中、結局、部活で休みゼロでした。大会ばっかり!!
14時間労働で日給3000円とか(笑) 本当にここは日本か!!という感じです(泣)
でも頑張る

そして今日は7時には帰宅できたので!!入試問題に挑戦しました。

今年、2016年 京大の大問1の長文読解。
読み応えあって、何度も読み直しました。

最後まで腑に落ちないのが、コロンブスのクルーになったイスラムなどの他宗教の人達は、当のコロンブスによって国外追放されそうになったのに、どうしてless likely to end in riches than a watery graveなミッションのために、コロンブスについていったのか・・・。更にその理由がexiled faithsというのが、まだしっくりきてません。

一番難関だったのは、We need only look to the point often seen as the beginning to know this is true.
最初、to knowを形容詞的用法でとっていたので、随分長いこと、混乱状態でした。

大切!
助動詞needは、否定と共に使われることが多い。
the pointを前述のmarginと捉える。

大問2は、読みやすかったけど、1は私にとっては難関でした

安河内哲也先生のE-CAT 国際英会話力検定 体験しました!

先日、東進の安河内哲也先生考案のE-CAT 国際英会話力検定の体験をさせていただきました。

E-CATについてはこちら。




TOEFL Speakingなどよりも、もっとアジア人向けに作られていて、徐々にTask Levelが上がっていき、
最後はちょうど英検一級の二次レベル、Agree, Disagree問題が出てきます。

ちなみにLevel 1は自己紹介。
そこから、写真描写、 デパートのフロア紹介を読んだ後、質問に答える問題、など、
PCの中のお姉さんと気軽に会話をしているような気持ちになれます。

答えるたびに、そのお姉さんが褒めてくれるので、緊張せずに話せます。

実はここが一番のポイントだと安河内先生がおっしゃっていました。

TOEFL等は、Native主体で作られているので、本来の実力が発揮できないのでは・・・との安河内先生の疑問から生まれたそうです。

中学生には、ラストの問題がちょっときついかな・・・と感じましたが、二級を受かった子は十分トライできると思います。

E-CATの公式HPには、夏以降に続々と練習動画もアップされるとのこと。
すごいですね!全て無料で使えるそうで、私は早速、夏以降は授業でバンバン使わせてもらいます。

体験の時に隣でペアーを組ませてもらった先生は、多読で有名な高校の先生だったのですが、本当に謙虚な先生で
「僕は読解が専門だから・・・」と言いながら、始められたLevel6。

お題は、ヘリコプターペアレントに関するAgree, Disagreeだったのですが、もう・・!!
圧巻でした。準備時間は、一級二次同様、そんなに与えられないにも関わらず、
Structureが素晴らしいんです。私みたいに、お決まりのI have two reasons for that.なんて使われず
(これは安河内先生から優しく注意を受けました。)
1分話される内容が、その根拠、具体性共に穏やかな英語ながらも、とても説得力のあるもので
第一線で活躍される高校の先生のレベルの高さ、そして謙虚さを感じました。

ちなみに、更に私の横で安河内先生も60 secで、Speakingされていたのですが、超高速英語!!
あんなに次々と単語が出てきたら・・・・。いつお聞きしても、安河内先生には刺激を受けます。

この開発のために、何度も私費が渡米されたそうです。安河内先生の英語教育にかけられる情熱、忍耐力、そしてあの笑顔とポジティブさ。20年前に、まだ学生だった頃にお会いした時から変わらないエネルギー。超人的です。


安河内先生とはお昼もご一緒させていただいたのですが、英検一級二次の評価方法についてお聞きしてみたら、
やはりきちんとルーブリックは存在し、本部でもチェックを行っているとのことでした。
なので、地域によって受かりやすい云々は、都市伝説みたいなものなのでしょう。

E-CATの動画がアップされたら、このブログにも、自分の録音音声アップしてみようと思います。

そして、もちろん本番にも挑戦予定!!です。

【Book Review】最強のチームのつくり方


コーチングに関する本はたくさんありますが、自分が読んだ範囲の中で、一番具体的に声かけ方法が書かれているのがこの本だと思います。
よく学級経営で、「群れ」「仲良しグループ」と「TEAM」との違いが言われますが、チーム内の各メンバーがマトリックス上のどの立場に現段階でいるのか、また自分自身は・・と振り返ることができます。

メラビアンの法則を考えると、自分もどこかで顔はニコニコしながらも、威圧的で相談しにくい雰囲気をつくっていたのでは・・・と昨年の学級経営を考えると思います。

相手の話に「反応」しない。ギアはニュートラルにして聞き続ける癖を。
SYP傾聴 相手の個性に共感する聞き方を。
ペーシングとは、無意識に相手に合わせる習性を利用し、自分から意図的に同じ状態を作り出すスキル。→信頼・安心・親密

・ゴールを決める → 現状把握と分析 →行動する 
・自分に正直なビジョン 不純な動機でもいいのだ
・基本をリスペクトする
・ストレッチ目標を設定する
・逃避していることに気づけ
・「今ここに」
・responsibilityとは対応する能力

そして、一番良いと思ったのは
Have  Do  Beではなく、Be Do  Haveの生き方。

英語で言えば「もし一級持ってればかっこいいから、勉強して、自分に自信がついた」では、他人との比較という域から抜け出せない。

でも「今は自分は満たされた状態、理想の状態 → こんな理想に近づくべき、英語を勉強してみよう → 結果的に一級も合格できた」という形。

これはキャリア教育の一つのお手本かもしれません。

学級経営の本よりも、実はこういうビジネス書のほうが、為になったりしますね。