PERMA理論

Teaching Character and Creating Positive Classrooms

Relay Graduate School of Education

のweek2の半分。

今日、勉強したこと。

・昨日やった24のstrengthうちの上位を意識して伸ばそうとすることがhapinessにつながる。
(短所を克服しようとするのではなく。)

私の長所TOP3はVIA Serveyで

1 Kindness

Doing favors and good deeds for others; helping them; taking care of them.

2 Creativity

Thinking of novel and productive ways to conceptualize and do things; includes artistic achievement but is not limited to it.

3 Humor

Liking to laugh and tease; bringing smiles to other people; seeing the light side; making (not necessarily telling) jokes


だったから、明日からこの3つを特に行動に移す。


・学校のaimは二つ。1つはlearning、2つはwell-beingを促す場、つまりそれはPERMAを伸ばすこと。

Here then is well-being theory: well-being is a construct; and well-being, not happiness, is the topic of positive psychology. Well-being has five measurable elements (PERMA) that count toward it:


  • Positive emotion (Of which happiness and life satisfaction are all aspects)
  • Engagement
  • Relationships
  • Meaning and purpose
  • Accomplishment

ようは、楽しさにあふれ、時間を忘れるほど(ここではflowとしている)没頭できるものがあり、人間関係が良好で、生きることに意味と目的を与える場、それが学校であり、この4つを成せば達成へとつながると、逆に達成感があれば、この4つが満たされるという論理。

従来のPositive PsychologyはLife satisfactionのみに焦点をあてていたので、前向きな人が幸せになれるという誤解を生んだ。







ひとまず、子供たちのVIAにはservey for youthという中高生用の調査もあるので、これを子供たちにやってもらい、自分の長所TOP3を客観的に知る。その上で、それらを特に意識して1週間行動するように促す。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444059828

この記事へのトラックバック