SAに感謝!!

我らがC2 Projectマスター高校教師さん主催の英検一級コンペで一位を獲得され、TOEICの女帝とも称されるJunさんのJun Reading ClubのScientific Americanの終了が発表されました。
私も、全国のとてつもないメンバーのお仲間に加えてもらい、週二回のreadingに参加させていただいておりました。
本当に、開眼!! 今までTIMEのreading会などにも参加したことがありましたが、今までで一番ハイレベルな会でした。



元々の参加理由は三つでした。
自分の英語の勉強のペースを崩していたので、大好きな尊敬するJunさんから、パワーを頂きたかったこと。様々なstructureに慣れるには理系論文が最も良いと思っていたこと。All Englishから離脱し、日本語訳の大切さを認識した時期だったので、日本語を使って理解できる場が欲しかったこと。

Junさんは、本当に素晴らしい方だと、Skypeでお話させていただく度に感じます。
努力を欠かさない方は、とても謙虚なんだと改めて感じます。

そして、SAのメンバーの皆様のレベルがまた、感動です。

私は常日頃から英語+理系知識=最強だと思っている人間で、こども達にもよく、その事は意識してもらっています。
C2 Projectメンバーのa cat先生を筆頭に、英語だけでなく、理系の内容が全て初見で難しかったけど、先生や理系メンバーさんの解説が本当に面白かった。

分子と中性子の違いやDNA転写も「は?」って感じで分かっていなかった私ですが、そんな私でも分かりやすく背景知識を与えてくださいました。
今は、ノーベルニュースを見て、思わず論文検索してしまうほど、興味が持てるようになりました。

まだ、あと少し続くSAですが、メンバー皆さん大好きです。
これからもよろしくお願いします。

同じくJunさんのTOEFL MAPにも参加させていただいています。
TOEFL対策を考えられている方だけでなく、理系や社会科の内容を英語で学びたい方にも、ぴったりの会だと思います。
ぜひ、ご一緒に!! Skypeなので、どこからでも参加できます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック