京都大学 2016 読解やってみました。

結局、このG.W.中、結局、部活で休みゼロでした。大会ばっかり!!
14時間労働で日給3000円とか(笑) 本当にここは日本か!!という感じです(泣)
でも頑張る

そして今日は7時には帰宅できたので!!入試問題に挑戦しました。

今年、2016年 京大の大問1の長文読解。
読み応えあって、何度も読み直しました。

最後まで腑に落ちないのが、コロンブスのクルーになったイスラムなどの他宗教の人達は、当のコロンブスによって国外追放されそうになったのに、どうしてless likely to end in riches than a watery graveなミッションのために、コロンブスについていったのか・・・。更にその理由がexiled faithsというのが、まだしっくりきてません。

一番難関だったのは、We need only look to the point often seen as the beginning to know this is true.
最初、to knowを形容詞的用法でとっていたので、随分長いこと、混乱状態でした。

大切!
助動詞needは、否定と共に使われることが多い。
the pointを前述のmarginと捉える。

大問2は、読みやすかったけど、1は私にとっては難関でした

この記事へのコメント

  • ヒロト

    C2プロジェクト経由で拝見しております。

    私は英語教師2年目なのですが、Soraneさんのその謙虚に学び続ける姿勢、とても刺激になります。特に、努力できない生徒に対する想いというのを自分自身そこまで強く持てず、見習いたいです。
    2016年05月08日 23:50
  • Sorane

    ヒロト先生、こんにちは!!
    C2 Projectメンバーのヒロト先生ですか!?
    だとしたら、先生に習う生徒さんは、本当にラッキーだと思います(^-^)
    こんなに本場の英語を体得されている先生の授業が受けれるなんて、いつの日かゲストティーチャーで講師に来て頂きたいくらいです。
    先生をゲットできた学校は幸せですね。
    私は先生のその「継続力」が一番不足していて、単語帳もコレクション化しているだけで、ほとんど三日坊主・・・>< 尊敬しています!
    BlogへぜひLinkを貼らせてください。これからも、先生のBlogから刺激を頂きます!また、英語教育の情報なども、ぜひ色々と勉強させてください。
    2016年05月09日 22:47
  • ヒロト

    そんなに丁寧に接してくださると恐縮です(笑)教師としてはキャリアが浅く、まだ常勤講師なので、今後どういう学校に就職するかもわかりませんし、先生のようにできない子たちをどうにかしたいという気持ちがなかなか出てこず苦しんでいます・・・(>_<)

    こちらこそぜひリンクに加えさせてください。あと、勉強熱心なSorane先生のことなのでご存知と思いますが、私が院生時代によく使用していたGoogle Scholarを紹介させてください。
    https://scholar.google.co.jp/
    Googleの中の論文検索のOptionです。タダで論文やJournalが読める可能性があるのでお役にたつと思います!(もう知ってらっしゃるかもしれませんが・・・!)

    最近は英語教育の勉強をしていませんが、私も少しずつブログに綴れたらと思います。よろしくお願いします。
    2016年05月10日 22:19
  • Sorane


    ヒロト先生
    意図せずパスワード管理ロックがかかってしまい、アクセスできずにおりました。ご返信遅くなり、大変申し訳ありません。お元気でいらっしゃいますか?
    Google Scholarは、よく利用させてもらっています!
    読みたいと思った肝心のものが、有料だったりした時は、残念ですが><
    先生のブログを、今度記事内で紹介させてください!
    >ヒロトさん
    >
    >そんなに丁寧に接してくださると恐縮です(笑)教師としてはキャリアが浅く、まだ常勤講師なので、今後どういう学校に就職するかもわかりませんし、先生のようにできない子たちをどうにかしたいという気持ちがなかなか出てこず苦しんでいます・・・(>_<)
    >
    >こちらこそぜひリンクに加えさせてください。あと、勉強熱心なSorane先生のことなのでご存知と思いますが、私が院生時代によく使用していたGoogle Scholarを紹介させてください。
    >https://scholar.google.co.jp/
    >Googleの中の論文検索のOptionです。タダで論文やJournalが読める可能性があるのでお役にたつと思います!(もう知ってらっしゃるかもしれませんが・・・!)
    >
    >最近は英語教育の勉強をしていませんが、私も少しずつブログに綴れたらと思います。よろしくお願いします。
    2016年06月13日 23:52

この記事へのトラックバック