【拡散させていただきます】リサーチ協力

以下のブログで研究協力学級を探されていますので、拡散させていただきます。
うちの子たちが、対象学年に当てはまるのでぜひとも、と思ったのですが
指定の研究を抱えているので、こちらで拡散させていただきます。





抜粋
「現在、リサーチを引き受けてくださる日本の中学(3年)か高校(1~2年)を探しています。来年度の5月か6月くらい (変更可)に4~5週間くらいの期間で4クラスを使わせていただいてクラスルームリサーチを行う予定です。1週あたり、例えば「英語表現」の授業の中の30分いただいたりして、週に2~3回程度指導を普通の授業に組み込みます(時間数は相談させてください)。

 リサーチの主眼は文法項目をcommunicative taskに統合させて練習させることと間違った発話への教師からの2種類のフィードバックの効果を検証することです。タスクはawarness-raising task (dictoglossなど)をしたあと、practiceとしてロールプレイを主体とした即興的なタスク (e.g., 有名人インタビュー)をたくさんして、生徒の発話中の誤りを訂正するfeedbackの効果を検証します。文法を言語活動に取りいれて、いろいろなcontextで発話する練習を授業にたくさん取り入れ、比較的大きい(25-35くらい?)クラスサイズで教師の様々なフィードバックの効果を検証するのが目的です。生徒の個人差要因の影響も検討します。」

本当に興味深い検証ですね!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433227812

この記事へのトラックバック