【Book Review】さぁ、音読をしよう


先月、アマゾンで色々本読み漁ったら、今月アマゾンから来た請求が68000円でした(苦笑)
全て、英語教育やら道徳やら学級経営関連の教育図書です。
もうそろそろ、床が抜けそう・・・・。

さて、そんな中でも、定価で買って失敗したなーという本の紹介。(ひどい・・・)

音読の種類や定着する音読の方法を知りたくて買ったのに、

 東進の予備校業界の裏事情みたいなのが主で、肝心の音読は、ひとまず読めばいいんだよ!!で終わり。
タイトルにある4技能は何処行った??という内容でした。

私は、最近の中学校での音読ブームの過熱ぶりに、結構面食らっていて、子供たちは英語だけじゃなくて、五教科宿題あるうえに、帰宅は部活で19:00を回って、そんな中で毎日100回音読を課している学校もあるってALTが、かなりドン引きしていた。

回数も大事だけど、100回のところ10回音読して同等の効果がある音読方法を探るのも結構楽しい。

ちなみに私のクラスは6種類の音読方法×2回だけ。読むスピードよりmemtal videoを意識するように伝えている。

論文⑧➈ 特支にもスポットを当てた論文

今日、読んだ論文はこちら~
著者がstructure指導で浮かんだ4つの疑問を実験していく形式。

疑問① non-strategistsがstrategicになるように指導できるか。

これは、できな、あかんやろ。ということで読み進めていくと、やっぱり9歳の子たちがしっかりstrategicになっていき、特にmain ideaのreconstruct率が高くなったとのこと。

しっかり使いこなせる人をapparent users。ふーん。

疑問② strategyを使っている人達は自然に使いこなしているのか。

自分で今何をしているのかを意識しているほうが、connected mind planがもっと効果的になる。
関係ないけどshe/heはS/heでいいんだ。ふーん。

現状にどのstrategyを当てはめていくかを意識させることは、自信・満足・学ぶ楽しさにつながる。

最近、研究大会でたくさんの大学生を見るけど、おしゃべりしてみると、最近の卒論の人気テーマの一つが英語学習者のモチベーションに関するものだと聞いたのを思い出しました。

疑問③ 何歳からstrategyを習得できるか。

ちなみにyoung adults(18-32years)の年齢幅、そっちにびっくり。
6-7歳でstructureを使い始める。(主にwriting)
preschoolからyear7の間に習得するという論文もある。

readersとしても10歳の生徒が活用できるようになる。
なので、GOの読解本が特にGrade3に多いのかな?

実際の小学生のwriting例が載っているけど、オーストラリアの子たちもかなり字が汚いなぁ・・・・笑
ALTがよく、日本人の子たちの字のきれいさに感するけど、分かる気がする。

疑問④ 知能とlearning potentialの関連

この論文で一番面白かったのは、特別支援の子供たち、またはmild intellectual impairment (IQ 70)を対象した観察も行われていること。
買い物リスト等、日々の生活の中でstructureを使うことで自信とwillingness(意欲)が育った。
家庭での会話が増えた。

ということは、日本の下位の生徒にも役に立つだろう。

resercherに対してteacher-pratitionerでありたいと思わせてくれた。

続きを読む

論文は芋づる式だなぁ・・・。


この中の、調べる論文を明確化した上で、五つの論文を読むってところ。
最初、え!?五つだけで良いの?と思ったけど、一つの論文の中に、更におもしろそう!っていう参考文献が次々に出てくるから、5つで留めておくことは本当に大切だと思いました。

英文論文にあたっているのは、読解力の向上も含んでいるので、ひとまずはabstructやconclusionのみでなく、全文読んでいっています。