部活動対策プロジェクトに署名します!!

文部科学省に提出するという部活動対策を懇願する署名活動が始まっています。

部活問題対策プロジェクト

皆様のご協力をお願いします。

私も昨年は365日のうち、359日が出勤、その土日のほとんどが部活動でした。

無賃で労働させられることを、不満に思っているわけではありません。

授業準備の時間は深夜に及び、自分の学級の子供たちが後回しになる現状。

何より、研究会や学会、資格試験にすら参加できない。

 教員に勉強をする時間すら与えない、それが日本の部活動の現状です。
 子供たちの学力向上なんて、簡単な話で、教員の土日のどちらかを休みにしてあげればいいのです。
 週に一回の休みがあれば、きっと日本の中学の先生たちはもっと元気になれるはずです。
 机に向かう精神的な余裕も出てくるし、もっと教育書を読む気持ちも出てくるでしょう。
 七日間勤務が、何か月も続く。
 特別支援学校から中学校に来て、人としてあり得ない、奴隷のような過酷な現状に本当に唖然としています。
 月約200時間以上のオーバーワーク。給料は、中学というだけで、特支よりかなりの減額となりました。
 前の学校の先生たちは、中学校へ行った私を、負け組だと笑ってたという話も人づてに聞きました。

でも

文科省が、私たちのために、教員減を訴える財務省と懸命に戦ってくださっているのを、私は知っています。
だから私は、目の前にいる子供たちのために、中学という現場でこれからも戦います。 

 この署名活動が、中学校の先生方の現状改善に光を指す一手となることを心より願っています。
メルアド入力後にエラーになる、サイト上のトラブルがあるようなので、改善され次第私も署名させていただきます。