大学入試が変われば、高校入試も変わる

以下、NHKニュースより。


ニュースの中の高校の先生は灘のキムタツ先生ですよね。

大学入試が変わると、高校入試も変わるわけで・・・。

時々、最近の中学校の英語授業を知らない方々が、自分たちが受けた昔の授業の思い出で、日本の英語教育は訳読式で、会話の機会がなく、先生だけがしゃべって云々という記事を雑誌で読んだりするわけですが、現実は全く逆で、最近の中学の教科書は会話ばっかり。
授業も50分の内、30分は子供たちが声出してるスタイルが主流だし、今時、一文一文訳させる先生の方が希少価値。
そもそもデジタル教科書だから、そんな板書写すとかないし。

でも・・・・ふと思う・・・。

訳読ってそんな悪いのかな?
今回、英検受験で今までのトップダウン式から変えて、ひと昔前のボトムアップなやり方に変更した。
それまでAll Englishで受けていたオンラインレッスンも、これに伴い日本人先生に切り替え、徹底的に日本語訳にこだわったら、読解のパートは1ミスで抑えられた。

多分、これから世の中は、更にspeaking重視になるのだろうけど、中学の教科書から、どんどん長文が減っていき、会話会話になる傾向に不安もある。10年前は、本当にいい長文が入っていた。そこからディベートしたり。

今ある会話表現ばかりの教科書って、深まらないんだよなぁ・・・。
感動が薄いというか。
やたら、登場人物の中学生が留学し、夏休みには海外旅行に行き・・・。

晩御飯さえ食べられない子たちが、そんな豪勢な生活おくるキャラクターに、なかなか感情移入しにくいよね。。。

私は私で辛抱強く、600語以上の長文を読み続けられる子を育てたい。
読解力は優しさだと思う。まずは相手の主張を聞き、相手の思いを読み取り、そこから発信できる子を育てたい。

大学入試改革のせっかくの良い方向への動向を、中学もしっかりと受け止めたい。

英検二次スコアの詳細

二次のスコアの内訳が出ていました。
前出の記事で、日本人先生から、スピーチ、インタラクションで45~50点、語彙が中学レベルを多用しすぎるから語彙で下がると分析された旨を書きましたが、どんぴしゃ。すごいぞ、先生!!
eiken niji.PNG

語彙力全体を上げないといけないのだけど、全然英語そのものに向かう時間が取れない・・・。
どころか、授業準備の時間さえ取れない・・・・。

電気つかない、晩御飯一週間食べてない、そんな生徒達のフォローにまわっていますが、二次でよく貧困問題が出てきてサンプルに発展途上国は・・・って書いてあるけど、日本人の何人ぐらいが、この国の貧困を間近で問題視し、そして実際に動いてくれているのだろう。

近所の子供たちが、最近痩せてきてないか、あざができていないか、それだけでも気掛けていくと、日本はもう少し変わっていくんじゃないかな。

なのに、教員の数減らすとか・・・笑うしかないな、この国は

2015英検第2回2次の結果出ました。

二次.PNG
合格できていました!

今回初めて二次を受けて、スピーチの一貫性やデータ力、根拠の強さというより、「絶え間なく話す」ということの方が重視されているのかな・・・と感じました。
前記の記事の通り、コーチングしてくださっている日本人先生を「突っ込みどころが満載だな・・」と落胆させてしまったスピーチでしたが、ひとまず何とか合格点をいただいたのでほっとしています。
今日のレッスンでは、ディベートではないので、最後まで自分の意見に固着する姿勢を評価してもらえたのかもね、と先生からは言っていただけました。

二次試験は、「頑固」って大事なのかも・・・。
私は発音はコテコテのカタカナ英語なので、発音がどれくらい低いのか、ちょっと気になっています。
78点の内訳は20日に出るそうなので、また週明けにアップしたいと思います。
スコアは2968でした。めっちゃ中途半端ですね・・・。

次の目標は3000突破を目指したいと思います。一月も六月も部活の大会と重なっているので、どちらかで何とかスケジュールを調整して、再度チャレンジします。

本当にありがとうございました。