【Book Review】合唱コンクール

さてさて文化祭の季節です!そして文化祭と言えば、合唱コンクールです。
私は体育大会よりも、この合唱コンクールが大好きです。たかが歌。されど歌。
合唱コンクールは、子供たちをみるみる成長させます。

このblogは、「教師志望」の方もたくさん検索いただいているようなので、私が持っている合唱の本を今後担任になられる先生のお役に立てればとご紹介しておきます。

まずは生徒指導の神様 長谷川先生のご本。


おすすめ度 ★★★★★

1位を取らなきゃ!!と焦る自分を諭してくれた本です。合唱が近づくと、必ず毎年目を通します。


人は時として、1位をねらうあまり、大切なことを忘れてしまうことがあります。

どうして朝早くから、休み時間も部活に行きたい放課後も歌い続るのか。
どうして自宅で見たいテレビも我慢して、何回もCDを聞き続けるのか。
子供たちは、合唱から「利他」を学びます。

賞状のない場所でこそ1位であれ

人を思いやれない人間がハーモニーを作れるわけがない。

 合唱は作るものではない
 日頃の学級経営がそのまま合唱となる

この本を読んでから一度も「1位をとれ」と言ったことがありません。
誰かのためを思い行動したとき、必ず結果は後からついてくる 
子供たちには、いつもそう伝えています。

続いてこちら。


おすすめ度 ★★★★☆

上記の本で、子供たちのメンタルと担任のぶれない基本姿勢を示した後は、こちらで実際の練習方法、発声を学びました。
専門用語もなく、上と2冊セットで持っておくと良いと思います。



おすすめ度 ★★★☆☆

いろんな先生の寄稿文。これは1000円ちょっとなので、お財布に余裕があれば・・・という感じです。
個人的にはTOSSのサイトのアドバイスのほうが、役に立ちました。




 おすすめ度 ★★☆☆☆
 具体的な発声方法や指揮、呼吸法が書いてあります。音楽の先生に聞かれて、授業中、腹式呼吸で指導されている場合には音楽科の指導を否定する(腹式はダメ!が前提のようです)結果になりそう・・・。うちは子供たちが腹式だったので、この本は実践はしませんでした。後半の指揮のアドバイスは、朝読書の時間に指揮者に貸してあげました。レガートの大切さは、改めて実感できました。


おすすめ度 ★★★☆☆
DVDなので4000円と少し高いですが、指揮、パート練習など実際の映像が見れるので、指導しやすいです。


次はアマゾンに中古で出ている
学級担任のための合唱指導 (実践資料12ヵ月) -

おすすめ度 ★☆☆☆☆
12か月というタイトルから、4月からの腹筋トレーニングや意識づくり、かと思いきや、楽譜集です。
しかも、結構マイナーな曲ばかりなので、購入の必要はないと思います。

以上、お役に立てれば幸いです!