C2プロジェクトメンバーのリスト

英語教師さま企画のC2プロジェクトに参加させていただいております。
必須条件のメンバーリンクを先に貼り終えました。
もし、手違いやお名前のミス、またはリンクは外してほしい等のご要望がありましたら、お知らせください。
これから、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Sorane

今週読んだ本

今週読んだ本はこれ⇓

21世紀型スキル: 学びと評価の新たなかたち -
21世紀型スキル: 学びと評価の新たなかたち -

文科省が打ち出した21世紀型スキルの原典にあたる本の翻訳書です。

今、校内研修でもActive Learningに全校で取り組んでいるところで、その原点となるこのスキルをもっときちんと勉強しておこう、と読んだもの。

が・・・正直かなり難しかったです。日本語がすんなり入ってこない・・・。しかも、元々各国への提案なので、ほとんど行政レベルの視点で書かれているため、一研究主任が読んで、即、応用できるものではないようです。

でも、この流れがあったから、やたらと日本でもICT、PW(Project Work)、CPS(協調問題解決)が打ち出されたのか、と納得。

一つ面白いと感じたのは、英語教育の現場は今、Backward design真っ盛りな気がしていたけど、この提起では、ズバッとこれでは「自分なりの新しいものは、見いだせない」とし、「新しいコンピテンシーの創発」イコール前向きに進む方法 working fowardを推奨している点は面白かったです。バックワード・・・正直、あんまり自分の中でしっくり来てなくて、自分の授業では、スピーチにしても演劇にしても、いつも子供たちがそれぞれで感じ取ったものを土台とし、目標をその時点で作らせていたから、ここはすんなり自分の中に受け入れられました。

ナレッジフォーラムとか、面白い実践だけど、この本の中の例は、イギリスとかが国を上げて国家予算でやっているものなので、既にMoodleで挫折した私は、PC室で十分かな・・・・という結論に・・・。
現場職員というより、センターとかの先生向きかと思います。

即戦力度 ★☆☆☆☆

論文に使える度 ★★★☆☆